VISIONビジョン

クリニックの強みを見つける
手助けをしたい

Vision

この活動を通して⽬指していること

インビザライン矯正を通して
医師やスタッフが能⼒を発揮できる
診療を共に考え
持続可能なクリニック運営をサポートする

⻭科クリニックが乱⽴する中で、選ばれるクリニックになるためには
⾃分たちの強みや特徴を活かすことが不可⽋です。

そのような考えから、患者ニーズの⾼いインビザラインを
クリニックに取り⼊れられる先⽣が多いと聞きます。

しかし、インビザラインを導⼊したものの、未知なことが多すぎて
思ったように軌道に乗せられず、諦めてしまったり
忙しさの中でスタッフに負担をかけてしまう先生も
いらっしゃるのではないでしょうか。

本来であれば、インビザラインシステムは診療体制をシンプルにし
業務効率化をはかることができるものです。
それによってスタッフの隠れた能⼒ややりがいを⾒出し
クリニック経営を安定させることができるはずです。

これまで診療を円滑に進めるために、特に大切にしてきたことは
クリニック(組織)にあわせたチームビルディングです。
治療クオリティーを保つためシンプルで分かりやすい診療システムにすること
常に成長できる教育・育成の体制を整えること、そして
ドクターとスタッフが支えあい、お互いの強みを生かせる関係性を築くこと。
それがしっかりかみ合うと、必ず大きな成果が生まれると信じています。

どうやって解決するのか?

それには、まず個人だけの問題・個々のクリニック内だけの問題にせず
「何ができていて、何のスキルが足りないのか」を客観的に整理し
クリニックが目指す方向性を見つけることが必要です。

「先生はどんなクリニックにしたいですか?」
まず、それを深く考え「ゴール」を見つける手助けをします。
おそらくゴールに向かうためには
ドクターとスタッフが協力し合うことが求められます。
加えてインビザラインにおいて必要な知識と診療スキルを習得し
クリニックに合わせた診療フローとはどのようなスタイルかを明確にします。
それを持続し発展させて行ける場が、ドクター・スタッフが安心して
仕事ができる環境なのではないでしょうか。

「今までずっと慣例でやってきたけど、今のやり方のままでいいのだろうか」
「本当はもっと、患者さんにとっても自分たちにとっても良い治療ができるんじゃないか」

色んなアイデアを出し合いながら
ドクターとスタッフがお互いを尊重しあえるチームが
これからの時代に求められるクリニックの一つのカタチ
なのだと思います。

私自身がまさに、10年以上歯科医師として働いてきて感じていたこと。
貴クリニックの課題に向き合い
しっかりとした技術やスキルを使いこなせるようになることで
ドクターやスタッフが共に自らの力で未来を創造できるよう
サポートしていきたいと思っています。

働き⽅改⾰が進む今
私たち⻭科医療界も変化していかねばならない。

⻭科医療に関わるひとりひとりが、
⾃らの能⼒を活かし
活躍の場を広げていくことができればと願っています。

ページの先頭に戻る